チョロQ

小さい車は、好きですか?

タカラトミーから発売されている自動車模型の一つで、こちらもミニカー同様に多くの愛好者から愛され続けている商品となっている『チョロQ』となっています。このおもちゃは、プラスチック製の寸詰まりにデフォルメされた自動車玩具として発売されたことから始まりを告げています。動力部には当時の新素材でもあったエンジニアリングプラスチックを利用しており、小型軽量で特筆すべきダッシュ力を発揮するところが最大の特徴というべきだろう。また車体後部のプレート部分に10円玉を差し込むことで後輪に重心が掛かってウィリー走行ができるようになっている。価格的には1970年代末当時の自動が購入しやすい安価な製品となっており、その小ささと走行力で人気を獲得することになり、タカラの主力商品シリーズとして、現在でも愛され続けている。形態は上手にデフォルメしてあるため、丸っこく愛嬌のある形にこの姿を見て癒される人は続々現れたという・・・・・・なんてことはないです。

またタカラトミーは毎年9月9日をQの語呂合わせで『チョロQの日』と制定している。

人気商品への急成長

身に気あー同様人気自動車をモチーフにした斬新なデザインの商品が数多く展開されていることもあって、コアなファンにとってはこちらも収集する人によってはお金に糸目をつけない人もいるといいます。限定品はもちろんのこと、様々な企業とのこコラボレーションなどで独特のチョロQが生産もされている。時には自動車デーラーが顧客サービスに新車を模したチョロQを配布したり、全国各地のバス会社が自社路線バスや観光バスを模したものといったいわゆる『ご当地チョロQ』といったものも数多く発売されている。

1980年代のブームの際には、独自にカラーリングを行なったり軽量化をして楽しむ児童もいたり、漫画雑誌などとコラボして様々な関連グッズが発売されるなどの展開が行なわれている。本来の、標準的なチョロQというものは部品が一部共通化しているといったこともあり、車体が各々に意匠を凝らしている形状をしているわけだが、エンジンと呼ばれているぜんまい/変速機のユニット、前輪シャフト、タイヤとホイールは一貫して同サイズのものが使用されており、ネジを1本外すだけで分解して部品交換できる構造から、いわゆる『チューンアップ』を行ないやすくなっているのもある。特に協議用として特化されているカスタマブル・スーパーカスタマブルチョロQは分割式のボディに加えて、ミニ四駆を思わせるフロントバンパーとガイドローラーを装備している。

こうした製品の人気からコピー製品が大量に出回るといった事態にも発展しており、メーカー不肖の粗悪品や食玩のおまけ、模倣品騒動で知られたコスモス、果ては中堅や大手玩具メーカーですら『ほぼ同一構造』の小型自動車玩具を発売していた。こういったコピー品のことを『モドQ』と呼ばれている。

大人の趣味、ラジコン。 有名な人が設計した家に住むことが憧れだったというあなた、是非大阪市 不動産にご来店ください 。大阪市 賃貸では、今後人気が出ることになるであろうその不動産の仲介を現在実施しております 。

沿革

  • 1978年 ブルバック式ゼンマイ本格的に開発始動する。
  • 1980年6月 国際玩具見本市に出品。
  • 1980年9月 『豆ダッシュ』の商品名でテスト販売。
  • 1980年12月 『チョロQ』の商品名で正式販売。通称『A品番』が登場し、Aセットが発売されている。
  • 1981年3月 B/Cセット発売(Aセットと同内容)
  • 1981年6月 Dセット発売
  • 1981年9月 Eセット発売
  • 1981年12月 累計販売台数が1000万台を突破
  • 1982年2月 Fセット発売
  • 1982年5月 Gセット発売。ふぁっしょんチョロQ・コンバットチョロQ・メロディチョロQ・はこのりチョロQ・えとっ子チョロQ・テクノチョロQカーボーイ・シルエットチョロQも同時期に販売している。
  • 1982年9月 Hセット発売
  • 1982年10月 Iセット発売
  • 1983年1月 Jセット発売
  • 1983年1月 Kセット発売。ウェッジシェイプチョロQ・チョロ獣、Qボート・ビッグチョロQ・アイディアチョロQ・プレーンチョロQ・チョロCON・ハデハデチョロQ・すえっこチョロQ・チョロQダグラムもこの時期に販売。
  • 1983年7月 Lセット発売
  • 1983年10月 Mセット発売
  • 1984年1月 Nセット発売
  • 1984年4月 Oセット発売
  • 1984年6月 Pセット発売
  • 1984年9月 Qセット発売。タイヤが大きくモデルチェンジ。側面に『Q&Q』の文字が刻印された。サーキットチョロQF-1・GTチョロQオープンカー・GTチョロQラリーカー・チョロバイシリーズ・ワンプッシュチョロQ・カプセルチョロQカプセル100、ビッグフットチョロQもこの時期に販売。
  • 1980年代半ば頃 チョロQブーム
  • 1989年9月 チョロQ生誕10周年
  • 1994年9月 チョロQ生誕15周年
  • 1999年9月 チョロQ生誕20周年
  • 2004年9月 チョロQ生誕25周年
  • 2007年4月 スタンダードチョロQ リニューアル
  • 2009年1月 28年間続いたスタンダードチョロQなどのシリーズを生産終了。
  • 2009年10月下旬 チョロQ生誕30周年。その記念として約9ヶ月のブランクを経て新シリーズ「チョロQハイブリッド!」を展開を始める。
  • 2011年9月 新シリーズとしてチョロQzeroシリーズが発売するが、発売はタカラトミーではなく、グループ会社のトミーテックとなっている。

エンジンについて

では次にチョロ級に内蔵されているエンジンについて話をしていきましょう。搭載されているエンジンは通称ゼンマイと呼ばれており、様々な種類のゼンマイが存在している。基本的に使用されている素材としてはエンジニアリングプラスチックを主体としている、ゼンマイと負担の掛かる軸の一部に金属部品が使われているものとなっている。ゼンマイ部分は過剰に巻かれてしまうと自動的に収納された円筒内部で滑るようになっており、ブルバックで十分巻かれたゼンマイが出す『カチカチ』という音は同シリーズを象徴するものとなっています。

このプルバックはエンジンユニット内部のギアが所定箇所に滑り込む形でギア比が変更されており、短いブルバック距離で動力をゼンマイ部分に溜め込み、そして手を離すことでこのブルバック用ギアが全身のためのギアに切り替わって、同製品に特徴的なダッシュ力を発揮するようになっていた。この車体を軽量化しすぎてしまうとタイヤが空転してしまうといったことにも見舞われてしまうので、その場合には低トルクのエンジンが選択されることになる。走行時は最終的にゼンマイに蓄えられた力が完全に解放されきった段階で後輪タイヤは空転するようになっており、後は車体の惰性で滑走するようになっていた。

はめ込み構造で作られており、爪部分を工具でこじ開けてみることで分解することも可能としている。小さい製品ということもあってカスタマイズする際にはエンジンユニットの交換が主となっており、内部にまで手を出している人はほとんどいないでしょう。

以下、チョロQを主にしているエンジンについて紹介していきましょう。

パンサーエンジン
旧スタンダードチョロQに搭載。色は黄色と赤。
RSマグナムエンジン(旧称マッドエンジン)
パンサーエンジンのギアを変更し、ダッシュ力を重視。色は赤。
ブルーMAXエンジン
持久力を持たせ、一定のスピードで長く走行する。色は青、V2エンジンは青とシルバー。
ブラックMAXエンジン
パンサーエンジンのゼンマイを厚くした、バランス型。色は黒、V2エンジンは黒とシルバー。
MADエンジン
スーパーカスタマブルチョロQ及びパーフェクトチョロQ向け、ハイパワーバランス型。色は黄色と黒、V2エンジンは黄色とシルバー。
スピードMADエンジン
スーパーカスタマブルチョロQ及びパーフェクトチョロQ向け、スピード型。色は赤と黒、V2エンジンは赤とシルバー。
ロングMADエンジン
スーパーカスタマブルチョロQ及びパーフェクトチョロQ向け、持久型。色は白と青、V2エンジンは白とシルバー。
パーフェクトエンジン
パーフェクトチョロQ向け。以前の物よりサイズが大きく強力なゼンマイを持つ。特筆できる点として、ギアがカートリッジとなっており、これらを変える事で性能を変更できた。色は全体ガンメタ、カートリッジ・ギアはスピードが赤、持久が青、バランスが黄色。
スタンダードエンジン
新スタンダードチョロQに付属。パンサーエンジンと同じだが、色はグレー。主に普通の車に搭載。
スピードエンジン
新スタンダードチョロQに付属する、速く走行できるエンジン。主にスポーツカーに搭載。
スローエンジン
新スタンダードチョロQに付属する、遅く走行するエンジン。主に働く車とワゴンに搭載。
2スピードエンジン
新スタンダードチョロQに付属する、走行途中から速くなるエンジン。主に普通の車が働く車になった物に搭載。
バランスエンジン
チョロQデッキシステムシリーズ向け。持久力が高くてコースアウトしにくい。
スピードエンジン
チョロQデッキシステムシリーズ向け。スピードと加速が高い。
ダッシュエンジン
チョロQデッキシステムシリーズ向け。スピードと加速がとても高いが、持久力は低くコースアウトしやすい。
ハイパースピードエンジン
チョロQデッキシステムシリーズ向け。スピードと加速が非常に高いが、持久力はとても低く非常にコースアウトしやすい。
サバイブエンジン
チョロQデッキシステムシリーズ向け。持久力がとても高くコースアウトしにくいが、加速力が少し低い。
スピードサバイブエンジン
チョロQデッキシステムシリーズ向け。スピードと持久力が高い。
ダッシュサバイブエンジン
チョロQデッキシステムシリーズ向け。加速力が高くスピードがとても速いが、コースアウトしやすい。
亀の子モーター
チョロQの原点、マメダッシュに使われたエンジン。今のチョロQとは取り付け方が異なる。主にマメダッシュ(豆ダッシュ)に使われていた。
子供の頃に憧れてたあのモデル…