マッチボックス

イギリスの元ブランドミニカー

ダイキャストの開発に成功したことによって、その技術を応用することになった車技術が進化を遂げることになる。もちろんその中には模型というカテゴリーも含まれているので、そちらにもダイキャストに似た商品が誕生することになる。その一つとして、1953年にイギリスのレズニー社が発売したミニカーである『マッチボックス』もその良い一例となっている。

レズニー社の最初期製品こそ、その名の通りマッチ箱をイメージしたデザインの紙紐のパッケージに入れられて販売を行なっていた。その後1950年代の製品からは金属製のホイールを履いて、窓のクリアパーツや内装もない簡素な造りとなっていたが、モールドやポロモーションなどでは同時期のディンキーやコーギーにも引けをとるようなものではなかったといわれています。道一番号で製品を入れ替える手法や細いホイール、実車イラストが描かれたパッケージなど、1970年から始まった日本のミニカーブランド『トミカ』に与えた影響は非常に強いといわれています。

しかしレズニー社はその後経営破たんしてしまい、1982年からは幾度となく買収をされることになり、最終的にはアメリカの大手玩具メーカーであるマテル社のブランドとなった。

マッチボックスの歴史

ではここからマッチボックスの歴史を紐解いていこう。まずメーカーとして誕生したのは1947年のこと、イギリスのロンドン郊外にて、レズリー・スミスとロドニースミスの二人がダイキャストメーカーとして創業されたことが全ての始まりへと繋がっていく。最初の製品はロードローラーで、当初は1年に数種類の新製品を送り出すことになるが、この当時はまだマッチボックスブランドを使用していた時期ではなかった。その後1953年にエリザベス2世の戴冠式に合わせた新製品としてRoyal State Coachを2つのスケールで発売したことで、大ヒットを繰り出すことになった。これが後に発売することになるブランド『1-75』シリーズの展開開始ということになった。

その後1960年までに順次、プラスチック製の窓とホイールを装備した製品を送り出していき、68年発売の商品である『No.33-C、ランボルギーニ・ミウラ』のような、小スケールでありながらも前輪ステアリング機構を採用した意欲的な製品も存在しているなど、着々と商品を世に送り出していくことに余念がなかった。1970年代からはホットウィールに対抗して拘束ホイールを履かせている商品を発表する。この製品のことをスーパーファストシリーズと称した。

ところがホットウィールをもしている派手な塗装や常識外れのデザインは旧来のファンからの不評を買うことになってしまい、途中から60年代の実車に忠実な路線に戻ることになる。巻き返しを図ることになるが経営は好転することなくそのままレズニー社が経営破たんすることになる。破綻後、香港のユニバーサル・トイズ社がこのブランドを買収することになるが、その後1992年にアメリカ之帯小屋による買収を経て、1997年からはアメリカのマテル社のミニカーブランドの一つとして受け入れられるようになった。それまではライバルであったホットウィールとハマテル社参加において並行して販売されることになった。

大人の趣味、ラジコン。 まつげエクステの本格的なスクールとして誕生したまつげエクステスクールの東京JECでは、卒業後のアフターフォローにも力を入れておりますので、安心して通って頂けます♪

日本での展開

日本でのマッチボックスは当初朝日通商が輸入することになり、1960年代には『マッチボックス知ってるかーい?』という歌が放映されたことで話題を呼ぶことになる。その後レズニーの日本法人レズニージャパンによって販売されることになり、ユニバーサル・トイズ社による買収騒動の後は、マッチボックス・ジャパンが販売することになるが、1998年には完全撤退を余儀なくされてしまった。

最近では京商が、2010年以降ではマテル社が輸入を行なって西友やトイザらス・家電量販店などで発売されている。

プラモデルの生産

少し話は変わりますが、レズニー社は以前マッチボックスブランドからプラモデルの販売を行っていたことがあります。当時のラインナップとしては、同じイギリスの大手プラモデルメーカーのエアフィックスと同様に1/72スケールの航空機と1/76スケールの戦車を中心的に商品展開を行なっていた。後に1/32と1/48の航空機、1/700の艦船なども加わることになった。また、1978年にはアメリカのプラモデルメーカーであるAMTを買収して、AMT製の1/25を中心とした自動車と、スタートレック関係のキットをマッチボックスブランドでイギリスにて販売し、同時にマッチボックス製のキットをAMTブランドでアメリカにて販売を行なった。

マッチボックスはプラモデルメーカーとしては比較的後発であったものの、先発メーカーとの差別化のために、これまで製品化されたことのなかったマイナーな航空機や軍用車両も多数モデル化が行なわれており、軍用車両には小型のジオラマベースが付属していた。また製品は2ないし3色で成型されていたが、生計食は比較的あざやかあで実物のイメージとあっていない場合も多く、またダイキャストモデル波に筋彫りが太い製品も少なくなかったために、玩具に近いと評されることがしばしばあった。

レズニーの経営破綻後は、AMTはアメリカのERTLに売却されることとなり、プラモデル部門はドイツレベルの傘下に入って、自社開発製品に一部旧レベル製品を加える形でマッチボックスブランドでの販売が継続して行なわれるようになった。

2000年代に入ると、マッチボックスブランドでのプラモデル販売そのものは終了することになるが、一部のキットはレベルブランドで販売が行なわれている。

製品詳細

  • 1 - 75 シリーズ (レギュラーシリーズ・スーパーファストシリーズ)
  • スカイバスターズ (航空機のシリーズ)
  • バトルキング
  • マッチボックス・ミリタリー
  • ディンキー (かつてのメカノ社のミニカーブランド、1980年代にマテル社に買収され、後にマッチボックス傘下で製品が販売された。)
子供の頃に憧れてたあのモデル…